Cubase 8 ダイレクトルーティング

Author: sleepfreaks

トラックの出力をリアルタイムで変更可能

Cubase8

Cubase 8 新機能の第三弾は「ダイレクトルーティング」です。

各トラックの出力を個別に切り替えることができる機能で、
再生中もリアルタイムで変更可能。オートメーションを書く事もできます。

  • 楽曲の中で部分的にエフェクトを適用したい
  • 異なるマスタートラックを管理したい

そのような場合に向いています。

Cubase8 解説動画

Cubase 8 以前のバージョンからスムーズな移行
Cubase 8 インプレイスレンダリング 
Cubase 8 VCAフェーダー
Cubase 8 ダイレクトルーティング 現在のページとなります 
Cubase 8 コードパッドとコードトラック




Cubase8 ダイレクトルーティングを適用する

まずはルーティング先を作成します。

出力を作成

「FXチャンネル(エフェクト)」や「グループチャンネル」を作成します。
今回は「グループチャンネル」を作成し進めていきます。

FXチャンネルについて

http://sleepfreaks-dtm.com/for-advance-cubase/lesson5-5/

インスペクタ設定

インスペクタ部分の設定をクリックします。

オーディオトラックのインスペクター設定

「ダイレクトルーティング」を選択し、追加します。

ダイレクトルーティング

このように表示されます。

ミックスコンソール

ミックスコンソールからも表示を行えます。

ダイレクトルーティング-1

「ダイレクトルーティング」は最大で8つまで設定することができます。
空きスロットをクリックし、グループチャンネルを選択します。

ダイレクトルーティングの割り当て後

このように設定されました。
クリックするとトラック出力が選択したトラックへ送られます。

※出力先は必ず1つとなります

オートメーション

このようにオートメーションを書いて、出力を切り替えることができます。
これにより楽曲中で、異なるトラック出力へ瞬時に切り替えられます。

オートメーションに関して