カラー機能で楽曲を奇麗にまとめる Cubase 使い方

Author: sleepfreaks

トラックが視覚的にわかりやすく奇麗にまとまる

トラックやリージョンに色をつけて、管理する「カラー機能」

カラー

多くのトラック、テイク、イベントを扱う場合に、
この色づけを行うことで、効率的に作業を進めることができます。

プロジェクトが奇麗にまとまっているとモチベーションも上がってきます。
他人にセッションを渡す際に、「できる奴」と思ってもらえるメリットもあります(笑)

解説動画




Cubase カラー機能の使用方法

カラー選択

カラーツールをクリックします。

カラー選択-1

好みの色を選択します。

複数のカラー

カラーを変更したいイベントクリックします。
たったコレだけです。

また複数のイベントを選択すれば、一気に色を変更することができます。
楽器タイプ別で色を変えるというのが王道です。

イベント別

↑ イベントを分割することで、
同じトラック内のイベントへ個別の色をつけることができます。

  • 作業した日付
  • プレイヤーごと
  • パターン別
  • お気に入り/未完成テイク

工夫次第で非常に便利に使用できます。


トラック別に色を変える

トラックの色分け

インスペクターのトラック名の右をクリックし、
好みのカラーを指定します。

カラー選択-2

上メニュー → 「Cubase」 → 「環境設定」より、
予めトラックの色を選択しておくことも可能です。