ループレコーディングからベストテイクを作成 Cubase 使い方

Author: sleepfreaks

複数のテイクを簡単に選出可能




ループレコーディングにより録音されたトラックを全て保存し、
レコーディング後に良い部分のみを選出し組み合わせることができます。

トランスポート

「出だしは良かったが。。」「最後の詰めが甘い」などという際に重宝します。

この記事でより理解が深まります。

      
  • Cubase7以上
  • Cubase6以下

Cubase 8 でベストテイクを作る

まずは録音のモード設定を行います。

トランスポートモード

トランスポートパネルの赤囲み部分をチェックしてください。
上が「オーディオ」下が「MIDI」のレコーディング設定です。

履歴を保持 レコーディング

オーディオの場合は「履歴を保持」を選択します。

スタック

MIDIの場合は「スタック」を選択します。

ループレコーディング

通常通り、「ループレコーディング」を行います。

録音後

レコーディングを行ったトラックの赤囲み部分をクリックします。
すると全テイクを確認することができます。

  • 下に行くほど最新テイクとなります
  • イベントのグレーはミュートを意味しています。
    現在は最新のプレイのみが鳴るという状態です
  • 一番上は選択されたテイクが表示されます

テイクの選出

コンプツール

「コンプツール」を選択し、目的のイベントをクリックすることで、
そのテイクが楽曲中で再生されます。

コンプテイク

Mac : Option   Windows : Alt
これを押しながらイベントをクリックすると分割されます。

「コンプツール」でテイクごとに欲しい部分をクリックしていくことで、
簡単にパーフェクトテイクを作成することができます。

(視覚的にわかりやすいよう色付を行っております)

Cubaseでベストテイクを作る

通常通り、「ループレコーディング」を行います。

レーン表示

↑ 終了後、赤囲みの「レーン表示」ボタンを押す事で、
ループレコーディングによる作成された全テイクが表示されます。

古いものから上に表示され、最新テイクは一番上に表示されます。

はさみで分割

↑ 各トラックの使用したい部分を「ハサミツール」で分割します。
※わかりやすいように色を変えてあります。

分割したテイクを一番下のテイクにドラッグしていきます。

ベストテイク選出後

↑ その後、「レーン表示」を解除すると写真のようなベストテイクが出来上がります。

      
  • Cubase7以上
  • Cubase6以下