楽曲データの効率的な整理とバックアップ Cubase 使い方

Author: sleepfreaks

Cubaseで作成した楽曲が完成した際、データ整理にバックアップを

hdd

無事に楽曲を完成させた後に必ず行いたいのが、バックアップ作業です。
パソコントラブル、操作ミスに備えてデータを保管します。

楽曲のファイル容量のほとんどを占めるのは
歌、ギターなどの「オーディオファイル」です。

Cubaseは楽曲中で使用しているファイルはもちろん、ボツテイクも全て記憶しています。

この使用しないテイクを削除し、
奇麗な状態でプロジェクトを保存する効率的なバックアップ方法をご紹介します。

バックアップ楽曲を「外付けHDD」ヘ保存することで、
データ損失の可能性をさらに減らすことができます。

解説動画




楽曲を保存する

プロジェクトとオーディオファイルの場所がバラバラになってしまっている場合でも
1つのフォルダ内にパッケージすることができます。

プロジェクトバックアップ

↑ Cubase上メニュー →「ファイル」→「プロジェクトのバックアップ」を選択します。

新規フォルダ

↑ このようなダイアログが開きます。
任意の場所を選択し「新規フォルダ」を作成して保存します。

プロジェクトバックアップのオプション

↑ 「未使用のファイルを削除」へチェックを入れ「OK」をクリックします。

Song-1

↑ 指定した場所に必要なデータだけが抽出されたプロジェクトが作成されました。
実際にファイルを開いて無事に開けることを確認してください。

問題がなければこのファイルをバックアップします。