17_外部シンセを使用して打ち込む_CUBASE

Author: sleepfreaks

Cubaseで外部シンセを接続する方法

MIDIインターフェイスと外部音源の「MIDI IN」 「MIDI OUT」を接続します。

外部音源と鍵盤が一緒の場合

鍵盤+音源

外部音源と鍵盤が別の場合

鍵盤と音源

※配線説明は上記写真と同様です。

MIDIインターフェイス

接続も非常に簡単で、安価のため気軽に取り入れることができます。

Cubase側の設定

MIDI トラックを挿入

↑ MIDIトラックを作成します

MIDI設定

1_ポート

MIDIインターフェイスに接続された音源を選択します。

2_チャンネル

ほとんどのシンセは同時に16トラック(音色)を発音することができます。
ここではその16のうちのどのチャンネルを使用するのか?を決めます。

複数の音色を使用したい場合は、Cubaseで新たにMIDIトラックを作成し、
この部分のチャンネルを変えます。

※外部シンセのドラム音を使いたい場合は「10チャンネル」に設定してください。
これは世界的に決まっており、どのシンセでも共通です。

3_プログラム

ここで上記で設定したチャンネルで何の音を鳴らすか?
音色を決定します。
数字がシンセのパッチナンバーと連動しているため、好みの音を割り当ててください。

以上の設定を行い、鍵盤を弾くとシンセ音が鳴ります。

MIDI

ソフトシンセの同様にクオンタイズなどのMIDIエディットを行うことができます。

MIDIをオーディオに変換する

この外部シンセ音を録音し、「オーディオファイル」にすることも可能です。
これによりCubase内エフェクトを適用できるため、非常に便利です。

外部シンセ オーディオインターフェイス

「外部音源のオーディオ出力」と「オーディオインターフェイス入力」を接続します。
普段ボーカルやギターを録音する要領と全く同じく、外部音源の打ち込みをオーディオ化することができます。

応用編 ハードシンセと便利な連携