歌詞の入力 Finale 使い方

Author: sleepfreaks

Finaleで歌詞を入力する

歌詞の入力方法は、二通りありますが、
もっとも直感的に入力できる「楽譜に直接タイプ」を試してみましょう。




製品のご購入

英語の歌詞(欧文の歌詞)を入力する

まずは、英語の歌詞の入力方法です。

1

パソコンの文字入力のモードが「半角英数」になっているかを確認しましょう。

2

メイン・ツール・パレットから「歌詞ツール」を選びます。

3

メニュー・バー →「歌詞」→「楽譜に直接タイプ」を選びます。

4

入力する歌詞の番号が正しいか、
確認のために「編集する歌詞を選択」を開いてみます。

5

歌詞セット番号というのが「1」になっているか確認してください。

ヴァージョン2014の初期出荷分では
デフォルトで「42」になっているというバグがあります。
1番の歌詞を入力するには「1」にしましょう。
「42」のままですと、歌詞の高さが、五線の中央のおかしなところに表示されてしまいます。

「42」になっている場合は「1」と入力してOKします。
これで1番の歌詞を入力できる状態になりました。

7

音符をクリックすると、その下に文字入力用のカーソルが点滅します。
歌詞の位置をクリックするのではなく、五線の中の音符をクリックするのがコツです。

7

点滅しているカーソルの状態で、歌詞をタイプします。
次の音符にカーソルを移動する時には「Spaceキー」です。

8

音符に歌詞がつかないところは、さらに「Spaceキー」で移動していきます。
このときに歌詞の空白部分には「音引き線(メリスマ)」が伸びていきます。

この繰り返しで入力していきます。

9

ここまで、入力できました。





日本語の歌詞を入力する

ここから日本語の歌詞を入力してみます。

文字入力用のカーソルを点滅させるところまでは同じですが
パソコンの入力モードを「かな」に変更してください。

10

日本語の場合、タイプすると、下線がついた、変換待ちの状態になりますので
そのまま確定の手続き、ReturnかEnterキーを押します。

そのまま、もう一度、ReturnあるいはEnterキーを押すと、
入力カーソルが次の音符に移動します。

11

こちらも繰り返しで、入力を進めていきます。
日本語の場合は、文字をタイプして、ReturnあるいはEnterを2回押す要領です。

12

ここまで、できました。

13

歌詞にまつわる大事なことをお伝えしましょう。

日本語の歌詞では、欧文で使ったメリスマの音引き線は使いません。
日本語では日本語の音引き「ー」を使います。

意外と使い分けできてない譜面があります。

ハイフンを入力する

英語の歌詞でハイフン「-」を表記する場合があります。

14

次の音符にカーソルを移動するところで「Spaceキー」のかわりに
「-」をタイプします。

15

カーソルが移動したところで、次の文字をタイプします。

16

ハイフンや音引き線(メリスマ)は入力過程では表示されていないことがありますが、
歌詞の入力モードから、一旦抜け出る(楽譜の空白部分をクリックする)と
きちんと表示し直されますので、ご安心を。

英単語を複数の音符にまたいで表記するときには
このように、単語の文節をハイフンで繋いで、各音符に割り当てます。

例えば、le-ssonなど、日本語の発音でなんとなく分けられている譜面がありますが
これも意外と守られていないルールのひとつです。

製品のご購入