4. 音符の入力 ステップ FInale

Author: sleepfreaks

効率の良い打ち込みのために

直感的に音符を入力する方法として「ステップ入力」があります。
ここではFInaleで最も基本的な入力方法を解説していきます。




製品のご購入

Finaleでのステップ入力 下準備

ひとまず直感的に入力する方法としては
「ステップ入力」があります。

入力パレット

操作画面上にある「ステップ入力パレット」を使います。

ウィンドウ

最初の操作画面に「ステップ入力パレット」が表示されていなければ
「上メニュー」→「ウィンドウ」からパレットが表示可能です。

虫眼鏡

この入力方法では、画面上の五線を直接クリックしていきますので
画面をある程度拡大して、五線を大きく表示させておくことが、
効率的に入力をすすめるポイントです。

この操作には、メインツールパレットの「虫めがね」ツールを使います。





音符を入力

ステップ入力パレット_2

まずは、入力するべき音符の長さ(音価)をパレットで選びます。
例えば、付点四分音符を入力するには、このように選択します。

音符の入力

そのまま、入力したい五線の高さに合わせて
カーソルを移動すると、音符の形に変わりますので
その位置でクリックすると、入力されます。

消しゴム

間違って入力した音符を削除するには、パレットの消しゴムを使います。

音程の修正

誤って入力した音程を修正するには、ツールを替えて編集できます。
音符を「ドラッグ&トロップ」するだけです。

臨時記号 装飾音符 3連符

ステップ入力パレット_3

シャープ、フラット、ナチュラルの臨時記号、
タイ、3連符(同じ音価の組み合わせに限る)装飾音符があります。

これら組み合わせが可能なものについては
パレットの選択によって入力ができます。

ダブルシャープ/フラット

シャープ、フラット

ダブルシャープや、ダブルフラットを入力する方法です。

一旦、通常のシャープ(あるいはフラット)を入力しておいて、
このツールで、さらに半音上げる(あるいは下げる)を選択することで変更ができます。

製品のご購入