ソフトシンセ / プラグイン DAW対応規格の注意点

Author: sleepfreaks

対応規格を把握して誤った購入を防ぐ

Midi-Controller

各DAWは、それぞれ対応可能なプラグイン規格があります。
この規格が合わなければ、せっかく製品を購入してもDAW上で使用することができません。

そのような事態を避けるためにも、製品のご購入前には規格の把握をお願いします。

プラグイン規格 説明動画

1_MIDIの基礎知識
2_MIDIの「パラメーターと数値」について
3_ソフトシンセ/プラグイン DAW対応規格の注意点(当記事となります)
4_オーディオインターフェイス選びの注意点
5_サンプラー 1 素材をサンプリングしてリズム楽器を作る
6_サンプラー 2 素材から音程楽器を作る
7_ピアノロールとリズムの読み方 1
8_ピアノロールとリズムの読み方 2
9_ピアノロールとリズムの読み方 3

RTAS AAX

Protoolsで使用可能な規格です。

  • RTAS : Protools10以前 32bit
  • AAX Protools 11以降 64bit

AU

Mac上で使用可能な規格です。
Live StudioOneはMacのみに対応しています。この点にご注意ください。

VST

フリープラグインも充実しているのが、このVSTです。

ソフトシンセなど音色容量が大きく、ハードディスク容量が不足する場合、
下記の方法をオススメします。