ピアノロールとリズムの読み方 1

Author: sleepfreaks

リズムを把握して打ち込みの理解を深める

PianoRoll-1

ここではDTMに欠かすことができないピアノロールを基に、
リズムの概要や読み方を解説していきます。

このポイントを理解することで、DTM作業が飛躍的に行いやすくなり作業も捗ります。
今回は全リズムの基本となる「4分(しぶ)」について見ていきましょう。

解説動画

1_MIDIの基礎知識
2_MIDIの「パラメーターと数値」について
3_ソフトシンセ/プラグイン DAW対応規格の注意点
4_オーディオインターフェイス選びの注意点
5_サンプラー 1 素材をサンプリングしてリズム楽器を作る
6_サンプラー 2 素材から音程楽器を作る
7_ピアノロールとリズムの読み方 1(当記事となります)
8_ピアノロールとリズムの読み方 2
9_ピアノロールとリズムの読み方 3

リズムの基本概要を理解する

小節

音楽を記録する上で必ず使用されるのが「小節」という単位です。
ほとんどのDAWソフトの画面上部には、このような小節を表す数字と目盛が表示されています。

この1小節をピアノロールをで開いてみます。

ピアノロールの小節

1小節が4つに分割されており、その1つ分の長さを「4分」と呼びます。
この長さ分音を出せば「4分音符」、空白ならば「4分休符」ということです。

よくバンドのドラマーが「1.2.3.4」とカウントを出しますが、
これは4分でカウントされています。

4分音符

1小節に対して4分音符を打ち込んでみると、
このように均等に4つのノートが入ることになります。

これが4分音符と呼ばれる理由です。非常に単純ですね。
リズムは4分が基本となりますので、今回はこの点を押さえていただければ十分です。

楽曲のテンポ(メトロノーム)も4分音符が基準

メトロノーム

楽曲の速度を表すテンポですが、この数字も4分が基本となっています。

トランスポート

楽曲のテンポ(速度)を数字で指定しますが、
この数字は「1分間に4分音符が何回入る早さか?」ということを表しています。

上記画像の場合はテンポ89のため、1分間に4分音符が89回入る早さということになります。
もし、テンポ60の場合は4分音符の長さがちょうど1秒ということになります。

この点も把握しておくとテンポに対する理解も深まるでしょう。

次回は4分以外のリズムを解説していきます。