DTM初心者講座 MIDIの基礎知識 2

Author: sleepfreaks

MIDIで使用されるパラメーターと数値

MIDI

前項に続きMIDIの基本知識を解説していきます。
今回は、MIDIで表現することができるパラメーターと数値です。

この辺りを把握していただければ、作曲はかなりスムーズに進めることができます。
それでは解説へ入っていきます。

解説動画


1_MIDIの基礎知識
2_MIDIの「パラメーターと数値」について(当記事となります)
3_ソフトシンセ/プラグイン DAW対応規格の注意点
4_オーディオインターフェイス選びの注意点
5_サンプラー 1 素材をサンプリングしてリズム楽器を作る
6_サンプラー 2 素材から音程楽器を作る
7_ピアノロールとリズムの読み方 1
8_ピアノロールとリズムの読み方 2
9_ピアノロールとリズムの読み方 3

2進数、10進数、16進数について

MIDIメッセージは16進数が使用されています。
そのため、DAW上の数値(10進数)では16の倍数で区切られていることが非常に多いです。

  • 「2進数」→「コンピューター」で使用されている
  • 「0」と「1」の2種類の数字で表す。

  • 「10進数」→「日常生活の数の数え方」
  • 「0」から「9」までの10種類の数字で表す。

  • 「16進数」→「MIDI」
  • 「0」から「9」と「A」から「F」の16種類で表す。

2進数、10進数、16進数_対応表

「MIDIチャンネル」「ベロシティ」「タイミング(ティック)」など。
16の倍数で構成されています。

数値は「16」で一区切りが基本

MIDIの数値_1

MIDI音色を変更する、「MIDIチャンネル」は最大16チャンネルです。

MIDIの数値_2

音の強弱を示す「ベロシティ」も「0〜127」の「128段階」で表現されています。
ベロシティは値が大きくなればなるほど、音が大きくなり、
演奏上のニュアンスにも影響を与えます。

ベロシティの変更方法





時間管理の最小単位「Tick」

MIDIの数値_3_ティック

「Tick(ティック)」とは、MIDIで使用される単位で、
一般的に4分音符の長さを「480ティック」または「960ティック」として考えます。
DAWのMIDI設定でこの概念を変更可能です。

Tick(ティック)の解説

「CC」コントロールチェンジについて

MIDIの数値_4_Control Change

MIDIの演奏では、ボリュームやパン、モジュレーションなど様々な操作が行えます。
またソフトシンセのパラメーターを、お手持ちのMIDIコントローラーから制御する事も可能です。

各項目とコントロールNoは予め決まっています。

  • CC1 モジュレーション : モジュレーションホイールを変更します
    (ビブラート、音量などソフトにより効果が変化)
  • CC7 メインボリューム : ボリュームを変更します
  • CC10 パン : 左右の定位を変更します
  • CC11 エクスプレッション : アーティキュレーションボリュームを変更します
  • CC64 サスティーン : サスティーンペダルのオンオフを指定します