ニューヨーク・コンプレッション NY Compression DTM用語集・辞典

Author: sleepfreaks

音量をコントロールするコンプレッサーのテクニック。

ミックステクニック パラレルコンプレッション

コンプレッサーは音量の大きな部分を低減させ、
小さな部分との音量差を少なくする。

しかし、サウンドのアタック部分に強くコンプレッサーがかかり過ることで、
音抜けが悪くなったり、サウンドが暗くなってしまう。

このような状態を防ぎ、しっかりとコンプレッサーを適用するのが、
「ニューヨーク・コンプレッション」である。

別名で「パラレルコンプレッション」とも呼ばれる。

ミックステクニック パラレルコンプレッション-1

同じトラックを2つ用意し、片方にコンプレッサーを適用(Wet)
もう片方は何も適用しない素の状態(Dry)として使用する。

双方のボリュームバランスをとることで、
より細かなサウンドメイクを行うことができる。

また、コンプレッサーによって「Wet/Dry」を調整可能なモデルもある。

解説動画