インストゥルメントトラック Instrument DTM用語集・辞典

Author: sleepfreaks

instrument

DAW内のソフトシンセ音を鳴らす専用トラックのこと。
煩わしい設定が不要で、すぐにソフトシンセを使用することができる。

本来、パソコン内の楽器(音源)を演奏するためには、「音源立ち上げるトラック」「演奏を記録するMIDIトラック」が必要となるが、インストゥルメントトラックは音源とMIDIがセットとなったトラックとなっている。
そのため、1つのトラックで打ち込みを完結させることができる。

midi

また、音源が複数のMIDIチャンネルに対応したマルチ音源の場合、新たにMIDIトラックを作成し、MIDIの打ち込み情報をインストゥルメントトラックの音源へ送ることも可能。
この方法で「1〜16」までのMIDIチャンネルを使用することができる。

MIDIの基礎知識 説明動画



インストゥルメントトラックの使い方

トラックの設定は各DAWにより異なるため、下記のリンクより行ってください。

ソフトシンセをパラアウトする

マルチ音源を使用する場合、各MIDIチャンネルの楽器ごとに個別のボリューム、パン、エフェクトを設定したいという場合も多い。

この際に活躍する機能が音源のパラアウト機能である。

これにより、1つの音源(インストゥルメントトラック)に立ち上げられた複数の楽器、音色を別トラックの音源のように柔軟にコントロールすることが可能となる。