アールエムエス RMS DTM用語集・辞典

Author: sleepfreaks

FreeG

コンプレッサーリミッターに搭載されている音量を確認するメーターのこと。

音圧を計測する際にも使用される。
この音量を表すメーターは「Peak」「RMS」「Loudness」が存在し、これら3つを切り替えて表示することができるモデルも多い。

RMS解説動画

Cubaseに搭載されているRMSメーターを使用して、楽曲音圧を調整していきます。




「Peak」「RMS」「Loudness」の違い

各メーターは音量の計測基準が異なるため、これらを切り替え確認し、理想の音圧とサウンドバランスを整えていく。

Peak_最大値を計測

Peak

音量の変化を忠実に反映するため
トラック中の最大音量を正確に把握することが可能。

クリップを防ぐなどの目的で使用される。

RMS_平均値を計測

上記の「Peak」は一瞬の最大音量も反映するため
人間の耳には捉えづらいことが多い。
この「RMS」は人間の耳に近く、音量の平均値を表す。

マスタリングなど全体音量の把握に使用されることが多い。

ラウドネス_周波数も考慮して計測

楽曲完成の最終作業「マスタリング」では、
人間の耳が捉える周波数と音量の関係を考慮した、ラウドネスも用いられる。

ラウドネス動画解説