アンプシミュレーター AmpSimulator DTM用語集・辞典

Author: sleepfreaks

アンプシミュレーター

ギターアンプやベースアンプのサウンドをDAWの中で再現するプラグインのこと。

アンプやマイクの種類はもちろん。部屋の鳴りまでを含めた様々な設定を手軽に試すことが可能で、
本物のアンプに引けをとらないサウンドが得られる。

  • アンプシミュレーター適用前
  • アンプシミュレーター適用後

amp

楽器のレコーディング時にトラックへアンプシミュレーターを立ち上げることで、効果が得られる。

この状態でレコーディングされた波形は、アンプシミュレーターを通した結果が組み込まれないことが特徴。
オーディオインターフェイスに繋いだ状態のサウンド(クリーン)がDAWに記録されることになる。
そのため、レコーディング後に楽曲に合わせてアンプの種類を変更するなど、大胆なサウンドメイキングが可能。

レコーディングされる波形に、このアンプシミュレーターの結果を組み込むことを「かけ録り」呼ぶ。
サウンドが大体決まっており、後の編集が必要ない、または微調整だけで良いと判断した際にこの方法が用いられる。





amp2

現在、様々なメーカーからアンプシミュレーターがリリースされているが、基本の操作方法は共通している。

  • Gain : サウンドに歪みを与える。音量も上がるため好みの歪みを得られた後は、Volumeツマミで最終音量を調整する。
  • Bass : 低音をブーストする。サウンドが太く重くなる
  • Middle : 中音をブーストする。サウンドにキャラクターがつく
  • TREBLE : 高音をブーストする。サウンドの抜けが良くなり、輪郭が出る
  • Presence : 超高音をブーストする。サウンドがオケに埋れてしまう場合に重宝する
  • Reverb : リバーブ量を調整する
  • Volume(Master) : サウンド全体のボリュームを調整する

アンプシミュレーター_GuitarRig動画

Kompleteに同封されるアンプシミュレーター。
使用方法も簡潔で、有名なアンプモデリングが充実しているため、初心者の方でも簡単にアンプサウンドを使いこなすことができる。

Guitar Amp Classics 解説動画