アフタータッチ AfterTouch DTM用語集・辞典

Author: sleepfreaks

アフタータッチ

DAW上で扱うMIDI情報コントロールチェンジの1つ。
鍵盤を押した後、更に鍵盤を押し込むことで、音量やピッチモジュレーションなどに動きを与える機能。

例えば

  • 白玉で伸ばしているフレーズに対して、盛り上がりに合わせてビブラートを適用する
  • シンセソロの最後のフレーズのみピッチを揺らしたい

このように、楽曲の場面やフレーズに対し、自身のタイミングでサウンドを変化させられるという点が特徴となっている。
また、リアルタイムで演奏を行いながら、このアフタータッチを使用することで、より細かな演奏ニュアンスをつけることが可能。

もちろん、このアフタータッチの動きはDAWのMIDIノートと共に、イベント内に記録・レコーディングすることができる。
その後に、MIDIエディタからも柔軟に修正・編集を行うことも可能となっている。

アフタータッチの動画解説

シンセサイザーによってはアフタータッチでどのパラメーターを変化させるのか?ということを柔軟に指定可能で、複数のパラメーターに対して同時に変化を与えるというテクニックも有効になっている。

音程やフィルターカットオフに変化を与えることで、派手な効果音を作成することもできる。