特定のMIDI CC をレコーディングから除外する Cubase

Author: sleepfreaks

レコーディングで意図しないMIDI情報が記録されてしまう

アフタータッチ

MIDIの演奏をより豊かに表現する「MIDI CC」
音色、ボリューム、パン、リバーブなど様々な情報をコントロールできます。

しかし、リアルタイムレコーディングを行った際に、必要のないCCがMIDIキーボードから送られて記録されてしまう場合があります。

このケースとして多いのが「アフタータッチ」かと思います。

鍵盤を押した後、更に押し込むことで、サウンドに指定した効果を加えるCCです。
特にリアルタイム演奏時の表現に重宝します。

midi-cc

音源にアフタータッチを割り当てていないという場合、記録は不要となります。
しかし、画像のようにイベントに対してアフタータッチが記録されてしまう場合、

cubase

Cubaseの環境設定を開きます。

CC

「MIDIフィルター」タブへアクセスし、「録音」項目からレコーディング時に除外したいパラメーターへチェックを入れます。
ここでは「アフタータッチ」にチェックを入れました。

cubase-1

これで次回のレコーディングから指定したMIDI情報が記録されなくなります。

今回の解説ではアフタータッチを取り上げましたが、必要のないMIDI 情報を除外してレコーディングを快適に行ってください。