PC再インストールの際、音色ライブラリを使いまわす

Author: sleepfreaks

時間のかかるインストールをパスする

現在のソフトシンセはとにかく音が良いです。
その分、容量が多くインストールに多くの時間がかかってしまいます 

初回のインストールは仕方ないにしろ、PC再インストールの際に、
もう1度あの作業を行うと考えだけで、DTMを辞めたくなる方も居るかもしれません。

インストールの際に、音色ライブラリを再度入れる必要はありません。

この時間の無駄とも言える作業をパスする方法があります。
これは新しく購入したパソコンにも使用が可能です。

外付け/別HDDを用意する

この作業の際、
再インストールするシステムHDD以外にもう1つHDDが必要です。

この用途以外に「データのバックアップ」にも使用できますので、
もしお持ちではない方は一台持っておいて損はないと思います。

いや、むしろ持っておいてください。

接続は「USB2/3」「Firewire」などがありますので、
必ずご自身のパソコンに合わせたものをご購入ください。

また、このHDDから直接音色を読み込むことも可能です。
システムHDD容量を圧迫せずにソフトシンセを使用することもできます。


外付け/別HDDへ音色をコピーします

コピー

このように外付けへ音色ライブラリをコピーします。
すでに外付けから音色を読み込んでいる場合、この作業を必要ありません。

ソフトのみをインストール

ソフトシンセはソフトと音色ライブラリを分けて、
インストールすることが可能です。

そのため、新しいパソコンは音色ライブラリをインストールせずに進めます。

Komplete 9 Ultimate のインストール

「例 Nativeinstruments Komplete」

これにより、通常よりも遥かに早いインストールが可能です。

音色を関連付ける

各ソフトには必ず音色指定を行う画面。
もしくは、音色を聞かれる場面があります。

音色割り当て

その際に上記でコピーした外付けHDDの場所を指定することで音色が読み込まれます。