DTM機器の基本接続

Author: sleepfreaks

DTM機材の基本接続

機材を購入したが接続がわからない。

そんな方のために説明図をご用意しました。
困った際の参考にしていただければと思います。

1_USBとパソコンを接続する

「MIDI鍵盤」「オーディオインターフェイス」は
「USB」ケーブルを使用してパソコンと接続します。

USB

商品にあらかじめ「USBケーブル」が付属されているため
それを使用します。

※パソコンに製品を認識させるためドライバーが必要な場合があります 
メーカー別ダウンロードURLを用意していますのでご覧ください。

http://sleepfreaks-dtm.com/wordpress/dtm-trouble/driverup/

USB MIDIキーボードの接続

MIDIインターフェイスを使用した接続

2_楽器をオーディオインターフェイスに接続する

「楽器/マイク」を「オーディオインターフェイス」と接続することで
DAWソフトへの録音が可能となります。

接続は「オーディオインターフェイス」の「インプット」へ行います。

楽器は通常のシールド

マイクはマイクケーブルを使用します。

※コンデンサーマイクを使用している場合は「オーディオインターフェイス」の
「48v」スイッチを入れ使用します
 

3_ヘッドフォン/スピーカーの接続

DAWの音をモニターするため「オーディオインターフェイス」の
「アウトプット」をスピーカーへ接続します。

「ラインアウト」と記載されている場合もあります。

「L」は「左スピーカー」
「R」は「右スピーカー」
への接続となります。

この際に「スピーカーケーブル」を使用します。

※左右スピーカーへ接続するため2本必要となります。

ヘッドフォンに関しては「オーディオインターフェイス」の
「ヘッドフォン端子」へ差すだけで音が出力されます。