異なるDAWで楽曲を互換させる 1_DAWの構造把握

Author: sleepfreaks

楽曲をDAW間でスムーズに移行させるための基本知識

DAWの互換

DTMを行っていると、音楽仲間と楽曲を共同作業したり、
複数のDAWを使い分けるという場面に遭遇します。

その際に問題となるのが、DAW同士の互換です。

ここでは、これらやり取りを、スムーズにするための知識、方法を解説していきます。
まずはDAWをしっかりと把握するための基本構造から見ていきましょう。

DAWの構造把握

1_DAWの構造把握 ※現在の記事となります
2_MIDIとAUDIOの互換
3_データの読み込み 


MIDIとオーディオトラック

audio midi

全DAW共通で、楽曲を構築するのは「MIDI」「オーディオ」の2種となります。
そのため、この2つをしっかりと互換させることが大切です。

  • MIDI_容量が小さく扱いやすいため、DAWファイルへ組み込まれます
  • オーディオ_容量が大きいため、DAWファイルとは異なるフォルダへ保存されます

※Logic Xに関しては、オーディオをDAWファイルに組み込む機能があります。
詳しくはコチラをご参照ください。

オーディオトラックの注意点

Audio MIDI-1

上記でも説明した通り、
オーディオは別のフォルダに分かれて記録され、
MIDIはDAWファイル内に記録されます。

そのため、同じDAWを使用していたとしても、
必ず「オーディオ」も渡さなくては、相手側で楽曲再生に支障がでます。

DAWは何をしているのか?

DAWの役割

DAWの役割は、明確です。
そのタイミング(小節)に配置されたオーディオ、MIDIを再生する。
これが基本となります。

その他には、再生する速度(テンポ)、ソフトシンセの指定、エフェクトなどをコントロールしています。

そのため、全DAW共通項目である「MIDI」「オーディオ」を使用していたとしても、
DAWが異なることで、開くことができなくなってしまいます。