ビンテージコンプレッサーの使い方 (WAVES CLA-76)

Author: sleepfreaks

ビンテージコンプレッサーの操作概念

CLA-76

音量を圧縮する「コンプレッサー」
圧縮を行うだけなのに、なぜ沢山の種類があるのでしょうか?

これは各コンプレッサーによって、
倍音が付加されたり、圧縮コントロールが異なるためです。

例え同じ設定にしたとしても、
音の距離感や色付けが相当変わってきます。

特に個性が強いのが「ビンテージコンプレッサー」です。
音を太く、サウンドに癖を出すことができるので、ミックス時は非常に重宝します。

ここでは「ビンテージコンプレッサー」を扱う上で、
事前に知っておいていただきたい、基本的な概念を解説していきます。

ビンテージコンプレッサー解説動画

スレッショルドが固定されているタイプ

スレッショルド

ビンテージコンプレッサーには「スレッショルド」が備わっていないタイプも多くあります。
これは「Input」で音の圧縮をコントロールするためです。

スレッショルド-1

スレッショルドは固定されており、
サウンド自体の音量を上げて、圧縮を行うタイプです。

アタックとリリースの値に注意

アタックとリリース

最近のコンプはツマミを左に回すほど、
アタックが早く、リリースは短く(早く解除)なります。

アタックとリリース-1

これが逆に設定されている場合もありますので、
コンプレッサーを使用する場合は、必ず確認をお願いします。

スレッショルドの解説

詳細記事 : http://sleepfreaks-dtm.com/dtm-mix-technique/comp_thr/

レシオの解説

詳細記事 : http://sleepfreaks-dtm.com/dtm-mix-technique/comp-ratio/

アタックの解説

詳細記事 : http://sleepfreaks-dtm.com/dtm-mix-technique/comp-attack/

リリースの解説

詳細記事 : http://sleepfreaks-dtm.com/dtm-mix-technique/comp-release/