リバーブ成分に対してのコンプレッサーテクニック

Author: sleepfreaks

リバーブ成分のみにコンプレッサーを適用しリバーブの質感を調整する

Reverb-1

今回は、センドリターンを使用した際のコンプレッサーテクニックをご紹介します。

ミキシング作業を行っていると、
リバーブをもっと強くかけたいという場面が多々あります。

しかし、センド量を上げると、今度は妙にわざとらしくなってしまう。。
そのような経験をされた方も多いのではないでしょうか?

この解消方法として

  • リバーブの種類を見直す
  • Delayを併用する
  • EQで低音域を整理する
  • 各トラックのバランスを見直す
  • 音量のオートメーションを見直す

などを他記事でご紹介していますが、
もう1つ面白いテクニックがあります。

それは「リバーブ成分にコンプレッサー」を適用するテクニックです。
リバーブ成分の音量差が少なくなり、より鮮明にリバーブを聴かせることができます。

それでは解説に入っていきます。


リバーブテクニック 解説動画




製品のご購入

当製品が含まれたお得なパッケージ!
その他、優秀なコンプ、EQ、リバーブ、ディレイなどミキシングに必要なプラグインが詰め込まれています。

動画ポイント コンプレッサーの適用と設定

このテクニックは非常にシンプルです。
センドリターンで設定したエフェクト側のトラックにコンプレッサーを適用するだけです。

DAW別 センドリターンの適用方法

Comp設定-1

  • 1_Ratioを高めに設定し圧縮を強くします
  • 2_ゲインリダクションが深めになるように調整します。(ここでは-6db)
  • 3_Attackを早めに設定することで、すぐに音量が圧縮されます。
  • 4_Releaseを早め設定することで、リバーブの余韻が強調されます。
  • 5_「2_ゲインリダクション」で圧縮された分の音量を持ち上げます。

リバーブ成分の音量のバラツキが抑えられ、
音量メーターに変化が出なくとも、聴こえ方がかなり変わってきます。

是非、お試しください。