歪みエフェクトで音を馴染ませる

Author: sleepfreaks

他トラックへ音が馴染まないという場合

楽曲を制作していると、音色は気に入っているが、
「他のトラックと音がなじまない」という事があります。

これには様々な原因、解決策がありますが、手っ取り早い解決方法の1つとして

「音を歪ませる」というものがあります。

歪ませると聞くと真っ先に連想するのが「エレキギター」です。

エレキギター

ただこの歪みはギターだけの特権だけではありません。
「ベース」はもちろん「ドラム」「ボーカル」「SE」まで様々な音に適用できます。

音を歪ませることにより、アタックの粒が揃い音域特性が変わるため、
他トラックとのなじみが良くなるという仕組みです。

どのようにトラックを歪ませるのか?

DAWソフトには「オーバードライブ」「ディストーション」「ギターアンプシュミレーター」
などのプラグインが付属しています。

アンプシュミレーター

それをトラックのインサートに適用するだけでOKです。

エフェクトで歪ませる際の注意点

  • 「なじませる」という事を考え、深く歪みをかけすぎない。
    アタックが無くなり、逆にオケに埋もれてしまいます。
  • 歪みませた後に、EQを使い音質補正を行う。
    特に低音、高音域が少なくなります。
  • 音のなじみ以外にも、もう少しパンチが欲しい場合、
    奇麗すぎる音をあえて汚す場合にもよく使用します。

色々な設定、組み合わせを試して、己の歪みスタイルを追求してみてください!!

レッスンではこのような事も習得できます

  • 様々な歪みエフェクトとツマミの徹底解説
  • 楽器ごとの歪みと考え方
  • 歪みを使用して音圧を上げる