Cubase 7_ミックスコンソール_ボーカル処理/ルーティング

Author: sleepfreaks

音をまとめるグループチャンネルの実践

ここでは大きく見た目/機能が向上した「ミックスコンソール」
サンプル楽曲を使用して解説していきます。

前回のエフェクト編に続き、
ボーカルエフェクト「ディエッサー」による歯擦音処理や
「グループチャンネル」を使用した作業効率化/作品クオリティ向上について解説しています。

ご参考にしていただければ幸いです。

Cubase7 ミックスコンソール DeEsser / ROUTING動画

ハーモニーボイス機能
コードアシスタント機能
ミックスコンソール_セットアップ編   
ミックスコンソール_Reverb/PANテクニック
ミックスコンソール_Inserts-Strip
ミックスコンソール_ボーカル処理/ルーティング現在のページとなります
音圧とRMSメーター
CurveEQ




動画ポイント_DeEsserの適用

Reduction

ボーカルの歌詞「さ、し、す、せ、そ」などには
「歯擦音」という高音成分が多く含まれています。

ボーカルをオケに馴染ませ、より良い状態で聴いてもらえるように、
「DeEsser」を適用します。

これにより「歯擦音 (高音部分)」のみの音量を抑えることができます。

「Reduction」からは
どの位「歯擦音」を抑えるのか?を決定します。

通常の歌詞部分には引っかからず、
「歯擦音」部分で「GR」が反応する位が良いと思います。

動画ポイント_エフェクトの複製

エフェクト設定をそのまま他のトラックへコピーすることができます。

エフェクトの複製

  • Mac : Option + ドラッグ
  • Windows : Alt + ドラッグ

これで簡単にエフェクトの複製が行なえます。
同じ系統のトラックなどに使用すると便利です。

この際、「ドラッグ」のみ行なうと
エフェクトがコピーされず、他トラックへ移動という形になります。


動画ポイント_グループチャンネルトラック

複数トラックを「1つのトラック」にまとめることができます。

これにより同時にミュート/ソロ、音量、パン、エフェクトなどの変更が可能となります。

グループチャンネルの追加

コンソール部分を右クリックし、
メニューから「グループチャンネルを追加」を選択します。

ルーティング部分

コンソールの上部分「ROUTING」をクリックし、
「IN/OUT」を表示させます。

まとめたいトラックの「OUT部分」を
上記で作成した「グループチャンネルトラック」に合わせます。

グループチャンネル

これにより、トラック音が「グループチャンネルトラック」に送られます。

グループチャンネル側

グループチャンネル側をコントロールすることで、
各トラックをまとめてコントロールすることができます。


ゲインリダクションを考慮したオートメーション順序

このようにエフェクト順序によって、サウンドの結果が大きく変わります。

動画ポイント_グループチャンネルの注意点

ルーティングできない

ソフトシンセを使用している場合、
「アレンジウィンドウ」から「グループチャンネル」へのルーティングができません。

ミックスコンソール

必ず「ミックスコンソール」の「ROUTING」より変更を行なってください。