MIXに必須の「コンプレッサー」

Author: sleepfreaks

各トラックに必ず使用するコンプレッサー

コンプレッサー

↑ これはProtoolsに付属の「コンプレッサー」です。
各DAWに必ず付属しています。

DAWを使用している誰もが1度は「コンプレッサー」を使用した事があると思いますが、
「設定の方法がわからない」「音の変化がわからない」など。。
少し敷居が高く感じられるかもしれません。

僕が初めに「コンプレッサー」を使用した時は、設定の仕方がわからず。
各トラックにただ立ち上げ、音が良くなったと思っていました(笑)
今思うと、全くかかっていないのに。。

EQの様に派手に音質が変わらないため、効果が分かりにくいですが、
「コンプレッサー」をしっかり使用する、しないで楽曲のクオリティが大きく変わってきます。

コンプレッサーとは何か?

「小さい音はそのままで、大きい音を圧縮する」

下の波形を見てください。

コンプレッサー適用前

↑ 当然ながら、波形が大きい部分、小さい部分があります。
この大きく尖った部分を「コンプレッサー」で圧縮し、小さい部分との音量差を少なくします。

これが上記の波形に「コンプレッサー」を適用したものです。

コンプレッサー適用後

波形の大きい部分が圧縮され、全体が均等になった事がわかりますね。

これにより、まとまって聞きやすいトラックを作る事ができます。
また尖った部分が抑えらるため、トラックの音量を全体的に上げる事ができ、
音圧の向上にもなります。

ゲインリダクションを考慮したオートメーション順序

このようにコンプレッサーの適用順序により、サウンド結果が大きく変わります。

レッスンではこのような事も習得できます

  • コンプレッサーの各ツマミの基本説明と設定の徹底解説
  • トラックに合わせたコンプレッサー応用テクニック
  • コンプレッサーによる音圧上げとマスタリングでの使用