コンプレッサー基礎編_リリースについて

Author: sleepfreaks

コンプレッサーがかかっている長さを決める「リリース」


「リリース」はトラック音量が「スレッショルド」より低くなった際、
どの位の圧縮を維持するのか?です。

リリース

リリース

前項のアタックと同様に、
ほとんどのコンプレッサーで「ms(ミリセカンド)」という時間単位が使用されます。

1ms=1000分の1秒
1000ms= 1秒 

でしたね。

もし「リリース」を「100ms」に設定すると、
「スレッショルド」を下回った音に対しても「0.1秒間」圧縮がかかります。

ms(ミリセカンド)の解説





リリースの意味

リリースを設定する意味です。

「スレッショルド」を下回った後、
すぐ圧縮解除されてしまうことで、極端な音量差が生じ「サウンドが不自然」になってしまう 

これを防ぐのが本来の目的です。

「コンプレッサー」の「アフターケア」と考えられます。

現在はトラックの「距離感、音像」をコントロールするために
リリース調整を行うことが多いです。

リリースの設定

「リリース」は「短め、長め」という言い方をします。

短め

リリース

↑ もしリリースを短め「50ms」に設定した場合は

リリース範囲

↑ 黒部分が「スレッショルド」を下回っても「コンプレッサー」がかかっている「50ms」範囲です。

「サウンド」

早めに「圧縮」が解除されるため、抑揚がしっかりとつく印象です。
しっかりとダイナミクスをつけたいトラックに対しては「短め」で調整してみてください。

長め

次は長めに設定してみましょう。

リリース700ms-1

↑ リリースを「700ms」としました。

リリース700ms

↑ 黒い部分が「700ms」のリリース範囲です。
「リリース範囲」が次の音へ差し掛かっています。

「サウンド」

かなり平たい印象になります。
音の抑揚を抑え、ガッチリとまとめたい場合は「リリース」を「長め」にすると良いでしょう。
強弱をあまり出さずに安定させたい場合に向いています。

空気感、音の壁を作る「PAD」辺が良い例です。
「リバーブ」も奇麗にかかります。

ボリューム0

↑ 今回のキックはが次のキックが来るまでにボリュームがほぼ「0」になるため、
一旦「コンプレッサーが切れる」こととなりますが、

波形1

↑ このような波形に「長めのリリース」を設定すると、
「リリース」が切れる前に次の「スレッショルド以上の音」が来るため

常にコンプがかかっている状態になります 

「まとまり感、距離感」を意識し、
様々な音へ「コンプレッサー」をかけてみてください。