Waves CLA-2A コンプレッサーとオートメーションの順序

Author: sleepfreaks

ゲインリダクションを意識してオートメーションを記録する

オートメーション

コンプレッサーは、大きなサウンドを低減させ、小さなサウンドとの差を縮めるエフェクトです。
これにより、楽曲中で安定したサウンドを得ることができます。

特にミキシング時は、多くのトラックにコンプレッサーを適用します。
ここで注意したい点が、音量の差が激しいトラックに対してのコンプレッサー設定です。
特にボーカルトラック、ベーストラックに注意が必要です。

音量が大きな部分に過剰にコンプがかかってしまい、
不自然なサウンドになってしまう。前に出てこない。などの問題が起きる場合があります。

これら問題を解消するためのオートメーション/コンプレッサー設定を解説していきます。

解説動画


ここではボーカルトラックを使用して、解説を行っています。

Waves CLA-2A 主要パラメーターについて

Waves CLA-2A

  • 1「Compressor Mode Selector」→「Ratio(圧縮比率)は2種類」
    【COMPRESS】→【1/3】/【LIMIT】→【1/100】
  • 2「Gain」出力レベルを調整する
  • 3「Meter」VU DISPLAY(INPUT/GR/OUTPUT)で選択したものが表示される
  • 4「Peak Reduction」コンプレッションレベルを調整する(スレッショルドのような役割)
  • 5「VU Display」INPUT/Gain Reduction/OUTPUTから確認したいパラメーターを選択する
  • 6「Analog」ノイズシミュレーター(OFFでノイズを切ることができます)
  • 7「HiFREQ」
    HiFREQ側に振ると、低域に対するコンプレッサーの感度が弱まり、全体の圧縮量も減ります
    ツマミを調整する事で、ローの空気感を含みすぎたボーカルなどのアタック感や抜けが保たれます
  • 8「FLAT」
    FLAT側に振ると、全周波数帯域に対して均等にコンプが適用されます

インサートスロットと入力信号の流れについて

オートメーション

DAWにも依存しますが、オートメーションはエフェクトの通過後のサウンドに適用されます。
よって、オートメーションを記録したとしても、コンプレッサーの圧縮量に変化は起きません。

このままでは大きな部分のサウンドに対し、極端にコンプレッサーが適用されることとなります。

StudioEQ

そのため、コンプレッサーの前に音量を調整できるプラグインを適用し、
そのボリュームを記録するという方法が考えられます。

ゲインオートメーション

コンプレッサーの前に適用した、EQのゲインに対してオートメーションを記録します。
これにより、コンプレッサーへサウンドが入る前に音量を最適化できることになります。

このような問題を抱えている方は是非、取り入れてみてください。