いきものがかり「ありがとう」コードアナライズ_2 コード進行

Author: sleepfreaks

身内コード(ダイアトニック・コード)とは何か?

楽曲のキーを特定すると、そのキーのスケールに含まれる7つの音の組み合わせによって
キーに、もっとも相応しい和音が7種類できます。
これを「ダイアトニック・コード」といいます。

Cメジャー_ダイアトニックスケール

ポップスの場合ですと4つの音を重ねた、セブンス・コードというのが多く使われます。

Cubase_コードパッド

ちなみに、Cubaseの「コードパッド」のコードネーム表記は、
日本国内で一般的なコード表記と若干違っているところがあります。

「ダイアトニック・コード」についての、より詳しい解説は、
リハーモナイズ講座の方にありますので、そちらも参照ください。

「ダイアトニック・コード」について

解説対象楽曲

jasrac

解説動画

1_キーの判別方法
2 コード進行(当記事となります)
3_ノン・ダイアトニックコードについて
4_ツー・ファイブについて
5_ピボット・コード
6_ダブルドミナントとサブドミナントマイナー
7_分数コード(オン・コード)について


コードを関係性によって、分類する

楽曲のコードネームを知りたいときなど、コード検索サイト「楽器.me」が便利です。

d9086a23d9783db5d9213dc2da2f2ade

楽器.me : http://gakufu.gakki.me

ありがとう_コード進行_1

いきものがかり「ありがとう」冒頭8小節のサビのコード進行を、
Cubaseのコードトラックに転載してみました。

コードチェンジが14回ありますが、重複しているものを除くと11種類になります。
この11種類のコードを2つのグループに分類してみます。

ひとつは「身内コード」つまり「ダイアトニック・コード」
もうひとつは「借り物コード」つまり「ノン・ダイアトニック・コード」です。

ありがとう_コード進行_2

ブルーの色のついたコードが「身内コード(ダイアトニック・コード)」となります。
ダイアトニック・コードの安定度と、ノン・ダイアトニック・コードの緊張感を感じてみてください。

ありがとう_コード進行_3

Bm7-5は、厳密には「ダイアトニック・コード」に含まれているのですが、
VIIにあたるコードは、やや特殊な限定的な進行や扱いになることが多く、
ここでは次に繋がる「E7」との関係性がポイントです。
詳細は次回以降に説明します。