オーディオ素材の速度を最適化 ワープ機能 Ableton Live 使い方

Author: sleepfreaks

楽曲テンポに合わないオーディオファイルを合わせる

例えば、1小節のカッコいいドラムループを見つけ、DAWに取り込みをしたが、
ドラムループと楽曲のテンポが合っていないためズレが生じてしまう。

こんな時は「ワープ機能」の出番です。

タイムストレッチを使用したアレンジ



※Cubaseを使用していますが、概念は同じとなります 

ワープ機能の使用方法

ワープの点灯

素材の「Warp」を点灯させます。

「ダブルクリック」しマーカーを作成します

素材のお尻部分を「ダブルクリック」しマーカーを作成します。

タイムストレッチ

マーカーをドラッグし、希望の小節へ移動します。
これで素材が伸縮し、テンポへ最適化されます。

今回はオーディオを長くしてテンポに合わせましたが、もちろん短くする事も可能です。
「効果音」もこの方法を使えば好みの長さへ変更する事ができます。

製品のご購入