SMFの書き出し/読み込み Ableton Live 使い方

Author: sleepfreaks

楽曲のMIDIファイルを書き出す

楽曲内で作成したMIDIファイルを他楽曲、DAWで使用するための手順です。

  • お気に入りのドラムパターンを保存しておきたい
  • 他人にMIDIファイルだけを渡し音色を差し替えてもらう
  • 他の楽曲へ打ち込みを持っていきたい

など、様々なケースで使用することができます。

このMIDIファイルのことを「SMF」スタンダードミディファイルと呼びます。
ファイルは音色を含まず、MIDIデータのみのため容量が非常に軽いです。

SMF(スタンダードミディファイル)の解説



Live SMF書き出し方法

MIDI書き出し

書き出しを行いたい「MIDIクリップ」を右クリックし、
「MIDIクリップを書き出す」を選択します。

保存

名前と場所を指定し「保存」を選択します。

SMF書き出し後

このように「SMF」が書き出されます。

SMF読み込み方法

SMF読み込み方法

読み込みを行う「SMF」を「クリップ」へドラッグ&ドロップします。

SMF読み込み後

このようにファイルが読み込まれました。
これで自由に音色を差し替えたり、MIDIファイルを編集を行うことができます。

製品のご購入