2. 再生コントロールとループ Ableton Live

Author: sleepfreaks

アレンジビューの再生/ループ

もう少しだけ基本概念を固めてしまいましょう。

ここでは「再生/停止」 
そしてDTMには欠かすことができない「ループ」をご紹介します。

Live_25_クリップの切り貼りとループ動画

快適な再生/停止を行なう

再生はLive操作の中で最も頻繁に使用される操作です。
その方法は至ってシンプルです。

定箇所からの再生

  • トラックディスプレイ上のどこでも構いません。
    再生を行いたい箇所をクリックします。
    再生ポイントがその箇所へ移動します。
  • キーボードの「スペースキー」を押します。
    指定した箇所から再生が開始されます。
    再生中に再び「スペースキー」を押すことで停止となります。

特定箇所を確認しながらの作業が行えます。

ループ再生を行なう

ループを使用するとこで

  • 特定箇所のクリップの編集
  • 特定個所を何度も入念に確認
  • エフェクト効果を調整

など

作業のスピードが飛躍的に向上します。
まずは「ループ」を行なう範囲を決定する必要があります。

ループ範囲

「ルーラー」の小節下に配置されている「ループ範囲」をドラッグしその範囲を決定します。

Mac「Option」/Windows「Alt」を押しながら希望範囲をドラッグすることで
「ループ範囲」を素早く指定することができます。

ループ範囲を決定した後

ループスイッチ

ウィンドウ上部の「ループスイッチ」を点灯させます。
これでループ指定範囲が再生を停止するまで繰り返されます。