16. 1つの音源を複数のMIDIトラックで使用する Ableton Live

Author: sleepfreaks

CPU使用率の節約に効果絶大

DAWを使用するうえで欠かす事ができないのが「ソフトシンセ」です。

ピアノやドラム、民族楽器まで様々な音を出すことができ、
自由な楽器選択が可能です。

その反面

CPU使用率が高くなってしまい作業に支障が出ることも少なくありません。

その問題を解決するため、多くの製品は
1つのソフトシンセの中に複数の楽器を立ち上げることができます 

これにより

「ピアノ、ベース、ギター、シンセなど」複数の楽器使用する場合でも、
1つの「ソフトシンセ」で済んでしまうため、CPUを大幅に節約することができます。

1つのソフトシンセで複数の音色使用する方法

ここではマルチソフトシンセ「Kontakt」で解説を行います。

Kontakt

「マルチソフトシンセ」には必ず「MIDIチャンネル」というものが存在します。
楽器ごとに異なる「MIDIチャンネル」を割り当てます。

MIDIトラック作成

楽器数の数だけ「MIDIトラック」を立ち上げます。

I_Oを点灯

「I/O」を点灯させます。

MIDI割当て

  • 上段_鳴らしたいソフトシンセを選択
  • 下段_ソフトシンセのMIDIチャンネル

これで設定は完了です。

レコーディングボタン

「MIDIトラック」のレコーディングボタンを切り替えることで、
ソフトシンセ内の音色も切り替わります。