15. MIDIトラックをオーディオへ変換する Ableton Live

Author: sleepfreaks

LiveでMIDIトラックをオーディオ化するメリット

「MIDIトラック」は非常に便利です。

しかし、細かいニュアンス調整やトリッキーな手法などを行なう際には
「オーディオ」にしなくてはいけない場面が多くあります。

今回は「打ち込み素材」を「オーディオ」へ変換する操作を解説していきます。

またこの操作をLiveでは「リサンプリング」と呼びます。

リサンプリング方法

「セッション/アレンジビュー」問わず作業を行うことができます。

リサンプリング

変換用の「オーディオトラック」を作成し、これを以下の様に設定します。

  • 1_「I-O」をクリックし点灯させます
  • 2_表示された「インプット」を「Resampling」へ変更します
  • 3_レコーディングボタンを点灯させます

ソロを点灯

オーディオ化を行うMIDIトラックを「ソロ」にします。

レコーディング

オーディオ変換する小節よりレコーディングを開始します。

レコーディング後

レコーディング後、
ダブルでトラックが鳴ってまうことを避けるため、MIDIトラックを「ミュート」します。

また「オーディオトラック」の入力は「Resampling」→「Ext in」へ戻しておくと良いでしょう。