9. オートメーション3 エフェクト値の書き込み Ableton Live

Author: sleepfreaks

エフェクト値も全て制御可能

ここまでは「オートメーション」の基本操作をご説明してきました。
これがしっかりと身に付くと、楽曲中で多くの表現が可能です。

とても重要な部分のため、もう少しお付き合いをいただきます。

ここでは誰もが一度は憧れる「エフェクト」の「オートメーション」をご紹介致します。

エフェクトのあらゆる値を記録可能です。

トラックエンベロープ動画

エフェクトのオートメーション記録方法

エフェクトの適用

まずトラックへ「エフェクト」を「ドラッグ&ドロップ」します。

オートメーション表示

非常にシンプルです。

  • オートメーションを記録したいパラメーターをクリックします
  • トラック部分がそのパラメーターに連動します

書き込み後

後は通常と同様に、書き込みを行なうだけです。

複数のオートメーションを表示する

作業を進めるにあたり、
1トラックへ対して複数のオートメーションを割り当てることも多くなってきます。

これら「オートメーション」を一覧することが可能です。

オートメーション表示

トラックの赤囲み部分より、
現在使用しているオートメーションを確認/選択することができます。

プラスボタン

希望の「オートメーション」を表示後、
赤囲み部分の「▶」をクリックします。

オートメーション削除

このように「オートメーション」を個別表示することができます。

また「-」クリックすることで個別表示がオフとなります。