Ableton Live 9 新機能 セッションオートメーション

Author: sleepfreaks

セッションビュークリップへオートメーションを追加

Live9の新機能の中でも注目されている機能が「セッションオートメーション」です。
「クリップ」に対して、直接オートメーションを追加することができるようになりました。

これによって、楽曲の表現が大幅に広がります。

セッションビューのオートメーション動画




製品のご購入

動画ポイント_オートメーション環境設定を整える

デバイス登録

環境設定から「MIDI/Sync」を選択し、
お使いのデバイスを設定します。

接続確認

上記で設定を行った機種の「リモート」を「オン」に設定します。

  

動画ポイント_オートメーションを適用する

オートメーション割当

コントロールする「エフェクト」や「ソフトシンセ」を右クリックします。

メニューから「グループ」を選択します。

グループ選択

ここから赤囲み部分を選択します。

選択

その後に、「Map」を選択します。

コントロールパラメーター

コントロールを行いたいツマミをクリックし

「マクロコントロール」の「Map」

「マクロコントロール」の「Map」をクリックします。

同期が完了
 
これにより、互いの同期が完了しました。

 

「MIDI」を点灯

「MIDI」を点灯させます。
 

コントローラー登録

割り当てたいハード機器ツマミをいじることで登録が完了します。

動画ポイント_オートメーションを記録する

Recボタン

記録したいトラックの「アーム」をクリックし、点灯させます。

  

Editボタン
 
「クリップ」の「E」ボタンをクリックし、点灯させます。

オートメーション点灯
 
そして、上にある赤囲み部分「セッションオートメーションアーム」を点灯させます。

アームをクリック 

後は赤囲み部分の「アーム」を押します。

記録

上記で割り当てたツマミを動かすだけで、その動きが記録されます。

製品のご購入