オートメーション2 Ableton Live 使い方

Author: sleepfreaks

実際にツマミを動かし記録する

前項では最も基本的な「オートメーション書き込み」の解説を行ないました。
今回はこれを発展させた「リアルタイム書き込み」を解説してきます。

直接、Live上のパラメーターを動かし「オートメーション」を記録することが可能です。



製品のご購入

オートメーション書き込み方法

至ってシンプルです。

レコーディングボタン

「オートメーションアームボタン」をオンにして、
 「レコーディングボタン」を点灯させ「再生」を行ないます。

リアルタイム記録

後は「オートメーション」を記録するパラメーターを動かすだけです。
上記のように全ての動きが記録されます。

オートメーション微調整

書き込みが終わった後は、前項の方法で微調整も可能です。

書き込み時の注意点

レコーディングボタン消灯

各トラックの「レコーディングボタン」は必ず「消灯」させてください。
演奏データが削除されてしまいます。

記録したオートメーションをオフにする

記録した「オートメーション」を残して、一時的にオフにすることが可能です。

オートメーションオフ

  • 1_記録されている値を動かすと「オートメーション」が「オフ」になります
  • 2_再びオートメーションを有効にする場合は「アレンジメントへ戻る」ボタンを消灯させます

再びオートメーションを有効にする場合

再びオートメーションを有効にする場合、
グレーになっている点を右クリックし、「オートメーションを再び有効にする」を選択します。

製品のご購入