オーディオ/MIDI レコーディング Ableton Live 使い方

Author: sleepfreaks

ループに縛られないレコーディングが可能

「セッションビュー」上の「レコーディング」はループが主体となっていました。

素材を扱うという面で優れていますが、
「Aメロ、Bメロ、サビ」などの構成があるレコーディングには向いていません。

このような場合は「アレンジビュー」を使用します。

楽曲構成に合わせて範囲の制限無くレコーディングを行なうことができます。

レコーディング方法1_トラックの作成

基本的にMIDI/オーディオともに同様の操作となります。

レコーディング用に新たなトラックが必要な場合は、
「トラックリスト部分」を「右クリック」します。

右クリック

表示されるメニューより「追加」を行なうことができます。

※MIDIトラックの場合は音源を割り当てる必要があります 


レコーディング方法2_トラックの設定

表示設定

「トラックリスト」右下の「I/O」「M」を点灯させます。

レコーディング

「オーディオインタフェイス」の「入力チャンネル」を確認し、
「レコーディングボタン」を点灯させます。

レコーディング準備

録音を行なう箇所へ「再生カーソル」を合わせ、
「レコーディングボタン」を点灯させます。

レコーディング方法3_レコーディングの開始

レコーディング準備

呼吸を整え、心の準備ができた後、
「プレイボタン」をクリックし、レコーディングを開始します。

レコーディング中

トラックのバックが赤で表示されます。
演奏をが終わった後は再生を停止します。

製品のご購入