アルペジエーターを使用する 2 Ableton Live 使い方

Author: sleepfreaks

LIVE より高度なアルペジエーターコントロール

前回のアルペジエーターでは、基本となる機能の解説を行いました。
そして今回はそれを発展させ、より柔軟にアルペジエーターのコントロールを目指していきます。

パラメーター1つ1つでかなりサウンドが変化し、
その奥深さを感じていただけるかと思います。

アルペジエーター動画




製品のご購入

リトリガーをコントロール

「Retrigger」

「Retrigger」ではアルペジエーターがどのように動作するのか?を決定します。

Off

OFF

アルペジエーターが作動中に、
新しいノートが演奏されたとしてもアルペジエーターの動きに影響はありません。

Note

Note

アルペジエーターが作動中に、
新しいノートが演奏されるとアルペジエーターの動きが最初に戻ります。

Beat

Beat

アルペジエーターがどのタイミングで最初に戻るか?
これを拍や小説単位で指定することができます。

アルペジエーターの繰り返し回数

アルペジエーターの繰り返し回数

アルペジエーターのフレーズを何回繰り返すのか?
この回数を指定することができます。

音量の強弱

「Velocity」

「Velocity」からは音の強弱を設定することができます。

  • Target : 最終的にどの音量になるのか?
  • Decay : 上記「Target音量」に到達するまでの時間

シンセサイザーの「ADSR」にも近い感覚です。

製品のご購入