19. アルペジエーターを使用する 1 Ableton Live

Author: sleepfreaks

LIVE シンセサイザーの定番奏法 アルペジエーター

シンセサイザーフレージングで非常に有名なのがアルペジエーターです。

コード構成音を8分音符、16分音符などでバラバラに演奏する手法で、
ギターやピアノでも頻繁に使用されます。

Liveではこの「アルペジエーター」を簡単に演奏させることが可能です。

エレクトロサウンドに頻繁使用されますので、
是非、ここでマスターしてください!!

アルペジエーター動画

アルペジエーター設定方法

ノート延ばし

アルペジエーターを使用する場合、
打ち込みはただの延ばしで問題ありません。

アルペジエータの適用

「MIDI Effects」→「Arpeggiator」トラックへドラッグ&ドロップします。

アルペジエーター画面

多くのパラメーターがありますが、重要なのは「Style」です。
アルペジエーターの音程がどう動いていくのか?を決定します。

Rate

「Rate」からはアルペジエーターの速度を決定することができます。
「Sync」を点灯させることでアルペジエーター速度がテンポと同期します。

Gate

「Gate」からは「音の長さ」を調整することができます。
長さは軽視されがちですが、ノリが大きく変わります。