トラックディレイで演奏タイミングを最適化する Ableton Live Tips

Author: sleepfreaks

演奏タイミングが遅れてしまうトラックに効果的

Time

打ち込み作業を行っていると、ソフトシンセの発音タイミングや、
ハードシンセの演奏遅延が気になるという場合があります。

これは、MIDIデータを小節や拍にジャストで打ち込んだとしても解消されません。

コピー

だからといって、全ての演奏を前にズラすのはとても面倒ですし、
そのファイルをコピーする際に、上手くコピーされないという問題も出てきます。

このような問題を解消できる便利機能が「トラックディレイ」です。
MIDIノートを移動することなく、指定した間隔を前後して演奏させることができます。

「Ableton Live Tips」トラックディレイで演奏を最適化する



製品のご購入

トラックディレイ適用方法

トラックディレイの適用は非常に簡単です。

トラックディレイ

セッションビューからはこの「D」部分。

アレンジビュー

アレンジビューからはこの「D」部分をクリックし点灯させます。

単位を選択

  • 1_移動単位を「ミリセカンド」もしくは「サンプル」の2つから指定します。
  • 2_上下ドラッグで移動する値を指定します。
    「-」の値で演奏が早く、「+」の値で演奏が遅くなります。

これでMIDIの演奏タイミングが最適化されます。
適正なタイミングを探すために、実際に再生しながら適正値を探ってみてください。

ミリセカンドの解説

サンプル単位の解説

製品のご購入