セッションビューでエフェクトを一覧表示する裏技 Ableton Live Tips

Author: sleepfreaks

セッションビューにエフェクトを一覧表示して快適にミックス

Ableton Liveでミックスを行う際、セッションビューをメインに使っていくことになりますが、
各トラックを選択しなければ適用しているエフェクトが見えないのは少し不便です。

default

そこで今回は、ちょっと裏技的にセッションビューでエフェクトを一覧できるようにする方法
ご紹介したいと思います。

解説動画

手順1 設定用のテキストファイルを作成する

まずOS付属のテキストエディット等を使って、設定用のテキストファイルを作成します。

Macのテキストエディットの場合、アプリケーションフォルダの中に入っています。

text_edit

テキストエディットが立ち上がったら、「-ShowDeviceSlots」と打ち込みます。

ShowDeviceSlots

その後、もしファイルが「リッチテキスト形式」となっていた場合は、
上メニューの「フォーマット」から「標準テキストにする」を選択します。

normal-text

保存する際は、「Options」というファイル名として下さい。

Options

手順2 テキストファイルを所定の場所に移動する

手順1で作成したテキストファイルを、所定のフォルダに移動します。

  • Macの場合
  •  Macintosh HD/ユーザ/<ユーザ名>/ライブラリ/Preferences/Ableton/Live [バージョン番号]
     ※ユーザライブラリーはOptionキーを押しながら上メニューの「移動」をクリックすると表示されます。

  • Windowsの場合
  •  [ドライブ名]:/Users/[ユーザ名]/AppData/Roaming/Ableton/Live [バージョン番号]/Preferences

手順3 Liveでの確認

ここまでを終えてライブを立ち上げると、
セッションビュー右下にデバイス表示ボタンが出現しているはずです。
これをオンにするとデバイススロットが表示され、
適用されているエフェクトを一覧できるようになります。

DeviceSlots_on

ただしこの機能には一点バグがあり、エフェクトを追加した直後は、名前が出てきません
次回Liveを立ち上げた際には表示されるようになります。

【追記】
「トラックの幅を一度変えることでも、エフェクトの名前を表示できる」とのご指摘をいただきました。

bug

とはいえ、現状はこれだけでも非常に助かる機能です。今後の改善を期待したいですね。